病理診断科

診療科・部門案内 診療科 病理診断科

病理診断科の特徴

山梨勤労者医療協会の病理センターとして昭和47年(1972年)開設。 昭和52年より常勤化。山梨医科大学開設までは、山梨県下で唯一複数常勤病理医のいる施設として、日本病理学会認定病院となり、病理医の育成に当たりました。
現在では、山梨大学医学部と連携のもと、日本病理学会研修登録施設に認定され、病理専門医の育成に当たっています。
日常業務は、病理診断(組織診断・細胞診断)と剖検がありますが、正確かつ敏速をモットーに必要に応じてダブルチェックないし、外部コンサルタントを活用しています。 過去40年間の膨大な資料は、画像も含めすべてをデーターベース化が完了しており、過去の症例の問い合わせにも対応可能となっています。
剖検症例は、基本的に全症例を全職種対象の臨床病理検討会(CPC)にかけ、医療精度の向上に一定の役割を果たしています。

症例・治療・成績

症例数
組織診断:年間約2000件 細胞診:年間約4000件
剖検:年間約10件

スタッフ紹介

近藤 哲夫(こんどう てつお)

山梨大学医学部教授

河西 一成(かさい かずなり)

山梨大学病理医

細胞検査士2名

非常勤医師

畑 日出夫(はた ひでお)

1941年生まれ、1969年信州大学医学部卒

甲府共立病院

〒400-0034

山梨県甲府市宝1丁目9-1

アクセス

055-226-3131

FAX:055-226-3131

外来受付時間

午前/8:30~11:00(診療開始 9:00)

午後/13:30~15:30(診療開始 14:00)

甲府共立病院について

甲府共立診療所

〒400-0034

山梨県甲府市宝1丁目10−5

アクセス

055-221-1000

FAX:055-221-1011

外来受付時間

午前/8:30~11:00(診療開始 9:00)

午後/13:30~15:30(診療開始 14:00)

甲府共立診療所について

・厚生労働省基幹型臨床研修病院

・日本内科学会認定教育病院

・日本糖尿病学会認定教育施設

その他認定施設一覧
ページトップへ